中国も性病が横行

性病感染した中国人ツーリストが日本の風俗ランチタイムを通じて女性が性病に山積み感染

 

中国人には淋病やクラミジアなどの性感染症は、流感のようなものといった検知されていて、薬屋で払える抗生物質で直す自分ばかりのようで、中国では性病の感染人間を登録できいないようです。

 

中国では、性行為をしなくても、クラブや市民浴場などで感染する体制も多いようです。中国の旅館に投宿した家族が、尖圭コンジローマにパーティー感染したというケースも起きています。

 

掃除が不十分であったり不衛生な旅館の浴槽やベッドが感染始まりとも言われています。中国へ行った場合、性行為をしなかったからと快適することはできません。

 

クラビット,通販,市販,副作用,効果,即日発送,淋病,クラミジア

 

中国からのツーリストが目立ち性病も増加しています。中国では日本のAVが流行っています。

 

少し前までは、外人の入店を拒否していた風俗ランチタイムも、不況の影響で外人の入店を受け入れる風俗ランチタイムが増えました。

 

無論中国人も入店できますが、中国人からの性病感染に耐えるという告白もあります。

 

中国も性病が蔓延していらっしゃる。感染したマミーから、邦人パパへの連鎖感染が起こっていらっしゃる。やはり自己は自分で続けるしか無さそうです。

 

性病防護の為に抗生物質の投薬

クラミジアや淋菌に感染していないのに抗生物質を服用して、性行為やオーラルセックスを通して性病防護をしているという話を聞いたことがあります。
こういうやり方は、はっきり言ってかなり防護になリません。

 

抗生物質の効果は、感染した桿菌を死滅させる使途はありますが、感染を防ぐことはできません。

 

また、健康な体調で抗生物質を服用しているという、性感染症以外のリスクがあります。

 

ひとたび、抗生物質や抗菌剤は、桿菌を死滅させる稼働があります。そのため、善玉桿菌も死滅させてしまう。クラビットを服用すると、副作用で下痢になりやすいだ。

 

原因は、腸内方の善玉桿菌まで死滅させてしまいからです。善玉桿菌の総量が小さくなれば耐性も低下します。耐性が低下するという、他の病気や感染症になりやすい状態になってしまう。

 

クラビットTOPへ