レボフロキサシン(クラビット)の動作メカニズム

レボフロキサシン(クラビット)の効能構造

 

感染症の原因は「バクテリアにより生まれる病気」の事です。肺炎、膀胱炎、中耳炎などバクテリアの感染が事情によることは多くあります。

 

感染症を治療するために通じる薬としてレボフロキサシン(クラビット)があります。レボフロキサシンはニューキノロンコネクション抗生物質に分類される抗生物質だ。

 

レボフロキサシン(クラビット)の効能構造
バクテリアが原因で感染症を発症します。
感染症を治療するには、バクテリアを死滅させれば治ります。
素早く異変を治すためには、抗生物質を服用します。
抗生物質はバクテリアを死滅させる効能があります。
こういう効能を通じて感染症を治療します。

 

抗生物質には、人の細胞には作用しないが、バクテリアには作用するという働きをします。これを検査言葉で『適用毒性』と言います。

 

バクテリアは一つの細胞からできている生命体だ。細胞管理を行うため繁殖決める。細胞管理を行うにはDNAのイミテーションが必要になります。

 

DNAにはすべての生命報告があります。DNAをイミテーションできないと、細胞管理できないので繁殖もできません。こういうこと、DNAのイミテーションに重要なDNAジャイレースという酵素があります。

 

 

DNAジャイレースは

DNAは倍らせん構成でできていて、そのままの状態ではDNAの報告をコピーすることはできません。

 

コピーするには、DNAを切断してねじれを輻射させて、DNAの報告を取りこみ易くさせる酵素がDNAジャイレースだ。

 

DNAジャイレースを阻止するため、バクテリアはDNAを組み合わせできなくなります。阻止されてため細胞管理ができなくなり、バクテリアを死滅させられます。

 

こういう作用で、DNA組み合わせに必要な酵素を阻止し、バクテリア感染症を治療する薬がレボフロキサシン(クラビット)なのです。

 

人の細胞にははDNAジャイレースありませんが、バクテリアはDNAジャイレースが重要です。こういう開きによって、バクテリアにおいて適用的に毒性を始動させます。

 

レボフロキサシン(クラビット)の動向
肺炎球菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌など抗生物質の中でも大きいバクテリアにおいて消毒作用がある抗生物質がレボフロキサシン(クラビット)だ。

 

レボフロキサシン(クラビット)を服薬後に、各機構に変更しやすい性格があり、多くの感染症ケアに有効です。ほとんどが尿とともに排出されますが、尿路感染症に対しても有効です。

 

レボフロキサシン(クラビット)は「100mgを毎日3回」服用するという使用方法でした。但し、レボフロキサシン(クラビット)の効能は、どれだけ薬の濃度が厳しいかによって異なります。ですので、服薬件数を数多くすれば、消毒効能が強くなるのです。

 

検査言葉では、こういう作用をする薬を『濃度頼り様式薬物』と言います。

 

濃度頼り様式薬物を低実力で長く使用し続けると、抗生物質において耐性を以てしまい薬が効かなくなる「耐性菌」があらわれてしまいます。

 

耐性菌をつくらないように薬の効果を発揮させて、1回の投与件数を多くするという用法がありだ。

 

そのため、現在では500mgを毎日1回服用するという服薬ものになっています。

 

この方法は、100mgを毎日3回服薬と比べると、冒頭消毒効果が良いことや耐性菌の突発論外効能が明らかに違いが出ます。

 

こういう動向を生かし、高実力を毎日1回服用するため体内に存在するバクテリアを死滅させ、感染症を治す薬がレボフロキサシン(クラビット)だ。

 

クラビットTOPへ